今すぐ20,000円のボーナスをGET!!

【XMのゼロ口座】XMのゼロ口座の手数料やスプレッドなどメリットデメリットを徹底解説

【XMのゼロ口座】XMのゼロ口座の手数料やスプレッドなどメリットデメリットを徹底解説XM

XMのゼロ口座(ECN口座)はスプレッドが低いのが魅力的です。

しかし、その分取引手数料が外付けで徴収されます。

そう聞くとあまりメリットがなさそうなゼロ口座ですが、実はトータルで見るとコストが安くスキャルピングをする人にはおすすめの口座なのです。

そこで今回は、ゼロ口座を徹底解説!他の口座や他の海外FX業者のECN口座と比較してどうなのか解説していきます。

  1. ゼロ口座・マイクロ口座・スタンダード口座を比較
  2. ゼロ口座の特徴
    1. XMで取引手数料がかかるのはゼロ口座だけ
  3. ゼロ口座はスキャルピングする人におすすめ
  4. XMゼロ口座の開設方法
    1. ホーム画面で追加口座を開設するボタンを押す
    2. 口座タイプ等を選択します
    3. レバレッジを選択します
    4. ボーナス受け取りは必ず忘れずに
    5. パスワードを2回入力します
    6. ゼロ口座の開設完了です
    7. 「XMTRADINGへようこそ」メールが届く
  5. XMのゼロ口座のメリット
    1. ゼロ口座のメリット①スプレッドが狭い
    2. ゼロ口座のメリット②主要な取引通貨ペアの約定が速い
    3. ゼロ口座のメリット③取引手数料は経費に計上可能
    4. ゼロ口座のメリット④最低入金額が低い
    5. ゼロ口座のメリット⑤500倍のハイレバレッジ
    6. ゼロ口座のメリット⑥透明性の高い環境
    7. ゼロ口座のメリット⑦信託保全である
  6. XMのゼロ口座のデメリット
    1. ゼロ口座のデメリット①取引手数料がかかる
    2. ゼロ口座のデメリット②スタンダード口座やマイクロ口座より最低入金額が高い
    3. ゼロ口座のデメリット③ボーナスは新規口座開設ボーナスだけしかもらえない
    4. ゼロ口座のデメリット④取り扱い通貨ペアが少なめ
    5. ゼロ口座のデメリット⑤Zero口座にはロイヤルティプログラム(XMP)がない
  7. 口座タイプを途中で変更できるのか?
  8. 【XMのゼロ口座】XMのゼロ口座の手数料やスプレッドなどメリットデメリットを徹底解説まとめ
  9. ところでXMボーナスもらいました?

ゼロ口座・マイクロ口座・スタンダード口座を比較

XMは3種類の口座タイプ

スタンダード口座マイクロ 口座ZERO口座
最大レバレッジ888倍888倍500倍
ロスカット20%20%20%
追証ゼロカットゼロカットゼロカット
口座開設ボーナス
入金ボーナス
ロイヤルティプログラム
1ロットの単位10万通貨1,000通貨10万通貨
最小取引量
ロット×0.01
1,000通貨10通貨1,000通貨
スプレッド2.0pips(ドル円)2.0pips(ドル円)0.1pips(ドル円)
取引手数料無し無し1ロット往復10ドル
最低入金額5ドル5ドル10ドル
こんな人におすすめ
  1. スタンダード口座 ⇒ 万人受けするバランスがいい口座
  2. マイクロ口座 ⇒ 初心者でも取り組みやすい安心感
  3. Zero口座 ⇒ スキャルピング取引などプロ向け

比較してみるとスタンダード口座とマイクロ口座は、1ロットの単位数や最小取引量は違いますが、サービスは一緒だということがわかります。

ゼロ口座の特徴

XMの口座タイプ3種類を比較して使い分け!おすすめの口座や選び方まで徹底解説

 

ゼロ口座の特徴
  • 低スプレッド
  • 約定スピードが早い
  • ボーナスは新規口座開設ボーナスだけ
  • レバレッジは最大500倍と制限
  • 最低入金額は10,000円
  • 取引手数料が1ロット往復で1,000円

XMのゼロ口座は、手数料がかかる代わりにスプレッドがとても狭いのが特徴です。

XMゼロ口座のスプレッドは、ドル円0.1pipsで、そこに取引手数料1ロットあたり10ドルを足したとしても合計1.1pipsです。

スタンダード口座1.6pipsと比較するとスプレッドが0.5 pipsも狭くなり、極狭スプレッドのゼロ口座はスキャルピング取引をするトレーダーに好まれています。

XMで取引手数料がかかるのはゼロ口座だけ

XMには3つの口座タイプがありますが、このうち取引手数料がかかるのはゼロ口座だけです。

ゼロ口座では10万ドルの取引につき手数料5ドルがかかり、手数料が引かれるタイミングはMT4・MT5により異なります。

MT4では取引発注時に往復分の手数料がまとめて差し引かれ、MT5では取引発注時と決済時のそれぞれのタイミングで差し引かれます。

公式サイトで「10万ドルの取引で手数料5ドル発生」と表記されているため、往復の合計手数料が5ドルと思ってしまう方もいますが、片道5ドル往復10ドルという意味です。

【XMの取引手数料】XMの取引手数料と口座維持手数料はいくら!?XMと他業者の取引手数料を比較
日本語対応が充実している日本人トレーダーからも人気のXM。 XMで取引してみたいと考えていても、取引手数料がどれくらいかかるかわかりずらいので心配ですよね。 実は、XMでは口座タイプによって取引手数料が変わってきます。 そ...

ゼロ口座はスキャルピングする人におすすめ

ZERO口座は、約定力の強いECN環境で低スプレッドなのでスキャルピング取引をする方におすすめの口座となります。

Zero口座がピッタリな人
  • スキャルピングで頻繁に低コスト取引がしたい
  • 3,000円の口座開設ボーナスは欲しいが、取引ボーナスやXMポイントまでは求めない

ゼロ口座のメリットは、低スプレッド・約定スピードの速さであり、スキャルピングやデイトレードを中心とするトレーダーにおすすめです。

ゼロ口座は、取引手数料がかかるもののスプレッドが低いので、スタンダード口座などと比べるとトータルコストを下げられます。

XMゼロ口座の開設方法

ホーム画面で追加口座を開設するボタンを押す

XMで追加口座ゼロ口座

ホーム画面で追加口座を開設するをクリック

口座タイプ等を選択します

XM追加口座ゼロ口座②

  1. 取引プラットフォームタイプ
    特に決まっていない場合はMT4を選んでおくといいでしょう
  2. 口座タイプ
    XM Zero口座を選択します
  3. 口座の基本通貨
    JPYを選択します

レバレッジを選択します

XM追加口座ゼロ口座③

ゼロ口座の最大レバレッジはスタンダード口座の888倍ではなく500倍です。

ボーナス受け取りは必ず忘れずに

ボーナス受け取りは必ず忘れない

ボーナス受け取りを忘れずに希望します。

ただし、XMに複数口座ある場合、2口座目以降の新規口座開設ボーナスは付与されません。

パスワードを2回入力します

XM追加口座ゼロ口座④

すでに口座を開設している場合は、既存のPWを入力します。

ゼロ口座の開設完了です

XMの追加口座ゼロ口座⑥

複数口座ある場合はこのように口座番号の違う口座が並んで表示されます

「XMTRADINGへようこそ」メールが届く

メールXMへようこそが来ます

公式サイトから「Eメールアドレスをご確認下さい」ボタンをクリックすると、XMからメールが届きます。

登録したメールアドレスに、XMから口座開設確認メール(XMTRADINGへようこそ)が届くはずなので、万一届かない場合は、迷惑メールフォルダもチェックしてください。

メール本文の「会員ページへログインしよう」ボタンをクリックすると、XM会員ページのログイン画面が表示されるので、メール本文に記載されているログインID、および自分で設定したパスワードでログインしてみましょう。

XMのゼロ口座のメリット

ゼロ口座のメリット①スプレッドが狭い

ゼロ口座の最大のメリットはスプレッドの狭さでしょう。

ドル円などのメジャー通貨ペアなら本当にスプレッドゼロという場合もあり、たとえ取引手数料を支払っても、マイクロ口座やスタンダード口座より低いコストです。

スキャルピングやデイトレードなどの短期取引の場合、手数料およびスプレッドが利益に大きく影響するので、できるだけコストダウンさせるべきでしょう。

ゼロ口座は、マイクロ口座やスタンダード口座と比べて30~40%もコストを下げられるケースもありますから試す価値ありです。

ゼロ口座のメリット②主要な取引通貨ペアの約定が速い

ゼロ口座は、ブローカーの介入がない直接取引であるECN取引なので必ず約定できます

売買がどれくらいおこなわれているかがカギとなる約定速度。

そのため、マイナーな通貨ペアでは売り買いがなかなかマッチせず、指値での売買が難しくなります。

そんな中、ゼロ口座は注文のほぼすべて1秒以内という速い約定力です。

ゼロ口座のメリット③取引手数料は経費に計上可能

スプレッドは同じ手数料でも経費として認められませんが、ゼロ口座の取引手数料は確定申告の際の経費に計上できます。

取引手数料の合計額は、売買取引ツールのメタトレーダーに取引明細書として出力できますから、これを確定申告の際に使うと便利です。

ゼロ口座のメリット④最低入金額が低い

XMゼロ口座の初回最低入金額は1万円

例えば、ライバル業者のTITANFXは2万円、AXIORYは2万円、TRADEVIEWは10万円と、他の低スプレッドサービスを供給している業者と比べても低いことがわかります。

ゼロ口座のメリット⑤500倍のハイレバレッジ

XMゼロ口座では、口座残高2万ドル以内なら最大500倍のハイレバレッジ取引可能。

国内FX業者のレバレッジは最大でも25倍ですから、少ない自己資金で夢を見たい方におすすめです。

ちなみに、TITANFXはXMゼロ口座と同じ500倍ですが、AXIORYは400倍、TRADEVIEWは200倍と、XMゼロ口座の水準が高いことがわかります。

ただ、XMのスタンダード口座およびマイクロ口座の最大レバレッジは888倍です。

それと比べてゼロ口座に物足りなさを感じる方もいらっしゃるようですが、それでも国内FXと比べれば破格の高さです。

ゼロ口座のメリット⑥透明性の高い環境

2010年よりXMゼロ口座では、約定拒否やリクオートのないよう徹底しています。

リクオートとは、ユーザーの発注価格で約定できず、業者側が別の価格を提示することを指します。

ユーザーと市場のあいだにFX業者やブローカーが介入しないECN方式を採用しているからこその計らいであり、ユーザーにとって透明性が高くフェアな取引環境がもたらされます。

ゼロ口座のメリット⑦信託保全である

XMでは会社の資金はAIG保険、ユーザーの資金は英国バークレイズ銀行と、分別管理しており、万が一の場合もユーザーの資金は100万ドルまで補償される仕組みです。

なお、AIG保険は1919年に創業の保険サービスで、世界中の名だたる法人や個人を顧客に持っています。

XMのゼロ口座のデメリット

メリットの多いXMゼロ口座ですが、デメリットもあります。

ゼロ口座のデメリット①取引手数料がかかる

ゼロ口座では取引手数料が1ロット10ドルかかります。

業者名取引手数料最大レバレッジ
Tradeview5ドル200倍
AXIORY6ドル400倍
TitanFX7ドル500倍
XM10ドル500倍

同じ海外FX業者のECN口座と比較すると高いことがわかります。

ECN方式のゼロ口座では取引手数料が必要で、注文ごとに手数料を把握する必要があります。

取引手数料は通貨ペアことに違うため計算がややこしくなるのもデメリットでしょう。

ゼロ口座のデメリット②スタンダード口座やマイクロ口座より最低入金額が高い

スタンダード口座およびマイクロ口座の初回最低入金額は500円。

対してゼロ口座の初回最低入金額は10,000円とかなりハードルが上がります。

ゼロ口座のデメリット③ボーナスは新規口座開設ボーナスだけしかもらえない

スタンダード口座とマイクロ口座では、口座開設ボーナス3,000円のほか100%初回入金ボーナスや20%追加入金ボーナス、XMロイヤルティプログラムなどボーナスが充実しています。

対するゼロ口座は、初回口座開設ボーナス3,000円のみです。

しかし、ゼロ口座はスプレッドが低いので、結果的にボーナス分が還元されているとも考えられます。

ゼロ口座のデメリット④取り扱い通貨ペアが少なめ

XMゼロ口座では57種類の通貨ペアおよびコールドとシルバーの取引ができます。

しかし、スタンダード口座なら57種類の通貨ペアの他にコモディティ・株式・仮想通貨などもっと幅広い取引ができます。

コモディティ先物CFDなどの取引希望の方は、ゼロ口座とスタンダード口座の両方を開設するのがベスト。

ゼロ口座のデメリット⑤Zero口座にはロイヤルティプログラム(XMP)がない

XMにはロイヤルティプログラム(XMP)と呼ばれる、取引量に応じたポイントをもらえるシステムがあります。

こちらもゼロ口座は対象外となります。

取引量の増加にともない会員ステータスがアップ、ポイント還元率もアップしていくという仕組みで、とかくポイント好きな日本人にも好評です。

貯めたポイントは取引で使用でき、ちょうど取引手数料分くらいは払えるので大変便利です。

ボーナスマスター
ボーナスマスター
このロイヤルティプログラム(XPP)は、マイクロ口座やスタンダード口座のみの特典で、Zero口座は対象外となっていますので注意しましょう。

口座タイプを途中で変更できるのか?

はじめに選んだ口座タイプから別の口座タイプへの変更はできず、もし別タイプの口座を開設したいなら、追加口座を開設するとよいでしょう。

XMでは後からいくらでも口座の追加開設でき、最高8つまで自分のトレードスタイルに沿った口座をいくつも持つことができます。

もちろん開設手数料などはありませんし、厳しい審査もなし。

口座間の資金移動もできるとあって、トレーダーから大変便利と好評を得ています。

【XMの追加口座開設まとめ】複数口座の開設方法とメリットデメリットと注意点
海外FX業者のなかでも、日本人に人気があるXM。 XMでは1つのアカウントにつき最大8つまで口座を追加開設することができるので、複数口座を上手に管理しながら取引するトレーダーも多いようです。 XMでは55以上のFX通貨ペア取引が...

【XMのゼロ口座】XMのゼロ口座の手数料やスプレッドなどメリットデメリットを徹底解説まとめ

  • ボーナスをもらうためまずマイクロ口座かスタンダード口座を開設
  • 自分のトレードスタイルに沿った口座タイプを見つける
  • 上級者はZero口座も開設するのがベストかも

スプレッドが極狭で取引手数料はかかるゼロ口座ですが、トータルで見ると実は取引コストが安くスキャルピング向けの口座です。

XMで口座開設する時は、まずマイクロ口座かスタンダード口座を開設しもらえるボーナスをしっかりもらい、その後にZero口座を開設するのがベストでしょう。

ボーナスマスター
ボーナスマスター
Zero口座を開設したいなと思っている方も、まずはマイクロ口座やスタンダード口座を開設し、後からZero口座を開設すればしっかりボーナスももらえておすすめですよ。

ところでXMボーナスもらいました?

XMのボーナスはもらわないと損!②
\今なら口座開設で3,000円もらえる/

コメント

タイトルとURLをコピーしました