今すぐ20,000円ボーナスをもらおう!

【XMの出金方法】XMの6種類の出金手順や手数料とメリットデメリットを徹底解説

【XMの出金方法】XMの6種類の出金手順や手数料とメリットデメリットを徹底解説 XM
  1. XMでは入金方法と出金方法が同じになる
  2. XMの出金の手順
  3. XMの出金方法①bitwallet
    1. XM×bitwalletの入金手数料
    2. 銀行振込は入金手数料無料
    3. bitwallet×銀行の出金手数料
    4. bitwalletはおすすめ方法ではない
    5. 出金方法
  4. XMの出金方法②クレジットカード
    1. クレジットカードでの出金は返金扱い
    2. 出金までの日数
    3. JCBカードでは出金できない
    4. 複数のクレジットカードで入金したら
    5. 入金から1年以上経過したら
    6. クレジットカード失効したら
    7. クレジットカード会社への問い合わせ
    8. 出金方法
  5. XMの出金方法③国際電信送信
    1. 利用できない銀行口座も多い
    2. 出金手数料
    3. ユーザーの7割が電信送信利用
    4. 入金、出金の口座は別々でもOK
    5. 2〜5営業日の時間がかかる
    6. 銀行からの電話に対応せねばならない
  6. XMの出金方法④STICPAY
    1. STICPAY側での入出金手数料
    2. 利益も出金可能
    3. STICPAYはおすすめの入出金方法
    4. 出金方法
  7. XMの出金方法⑤ビットコイン
    1. ビットコインウォレットの手数料
    2. 保有リスク
    3. 出金方法
  8. XMの出金方法⑥i-Account
    1. 利用できなくなる可能性も
    2. 高い手数料
    3. 出金方法
  9. XMの出金履歴の確認方法
  10. XMで出金できない理由
    1. XMで出金できない理由①最低出金額500円に満たない
    2. XMで出金できない理由①出金額の入力を間違えいている
    3. XMで出金できない理由②出金情報の入力を間違えている
    4. XMで出金できない理由③ボーナスを出金しようとしている
    5. XMで出金できない理由④ルール違反をしている
    6. XMで出金できない理由⑤ポジションを保有中である
  11. XMの出金での注意点
    1. 注意点①XMで出金キャンセルはできない
    2. 注意点②一度出金してしまうとボーナスが消滅する
    3. 注意点③家族名義や他人名義だと出金できない
  12. XMのスワップポイントの出金
  13. XMアフィリエイトパートナー報酬はE-walletに入る
  14. ところでXMボーナスもらいました?

XMでは入金方法と出金方法が同じになる

XMでは、入金方法により出金方法が決まってしまいます。

例えば、入金をクレジットカードでおこなえば、出金も自ずとクレジットカードということになり、出金だけをbitwalletでおこなうことはできません。

これは、マネーロンダリングを防止するためにXMが定めているルールです。

入金方法を選択する時は、目の前の入金の便利さだけでなく出金方法についても考えた上で選びましょう。

XMの出金の手順

XMではいくつかの出金方法があり、その出金方法により所要時間や手数料が変わってきます。

XMで出金申請が受理されるとその旨のメールが届きますので、必ず確認してください。

時々、XMでうまく出金できないという声を聞きますが、ほとんどの場合、何か出金処理でミスしていることが原因です。

今のところ、XMでの出金の際にマイナンバーは不要ですが、今後必要になる可能性もあります。

XMの出金方法①bitwallet

bitwalletとはオンライウォレットのひとつで、世界200カ国で利用されているものです。

なお、2018年9月までmybitwalletという名前でしたので、そちらで馴染みのある方もいらっしゃるかもしれません。

Bitwalletは円建て口座以外での利用はできません。

XM×bitwalletの入金手数料

XMでは、アカウントを開設後の自己資金をbitwallet上で管理でき、XMとbitwalletの間のやり取りについて手数料無料、資金即時反映となっています。

銀行振込は入金手数料無料

Bitwalletには銀行振込かクレジットカードで入金でき、このうち銀行振込の場合手数料無料、クレジットカードの場合手数料4〜5%となります。

bitwallet×銀行の出金手数料

bitwalletから銀行に出金する際には出金手数料が824円かかります。

bitwalletをほぼXMのために使うのなら、それほど度々出金しないと考えられるので、出金手数料はさほど負担ではないでしょう。

bitwalletはおすすめ方法ではない

出金手数料がほとんどかからず、銀行振込にすればbitwalletへの入金やXM口座への入金などすべて手数料無料となるbitwallet。

さらに、XMでは直接利用できない、アメックス、マスターカードでの入金も利用料無料で可能、と一見すると、bitwalletは利点の多い入出金方法に感じられます。

ですが、bitwalletはあまりおすすめの入出金方法とはいえません。

というのも、2019年4月より、bitwalletでは入金額以上の出金不可となってしまったからです。

取引で得た利益をいざ出金しようとしても、入金額を超えているのでbitwalletで出金できず、利益分は別の方法で出金せねばなりません。

出金方法

まず、XMの会員ページにログイン、「資金の出金」をクリックし、「bitwallet」を選択します。

次に、bitwallet口座の登録メールアドレスと出金額を入力、注意書きを読みチェックを入れたら、「リクエスト」をクリックします。

XMの出金方法②クレジットカード

XMではクレジットカードでの入出金も可能です。

クレジットカードでの出金は返金扱い

クレジットカードでの出金は返金扱いになりますクレジットカードで入金した一部もしくは全額が返金されたというイメージ。

そのため、入金額以上の出勤はできません。

例えば、クレジットカードで20万円入金、取引で5万円利益を得て合計25万円になったとしましょう。

これを出金する場合、20万円はクレジットカードで出金可能ですが、利益分5万円は、もう返金扱いにできないので別の方法で出金せねばなりません。

出金までの日数

クレジットカードでの出金は時間がかかり、また、クレジットカード会社によりかなり違いがあります。

なお、一般的にデビットカードの方が、出金時間が短いようです。

JCBカードでは出金できない

JCBカードの場合、入金は可能ですが、返金処理できないので出金不可。

JCBカードで入金した場合、電信送信など別の方法で出金する必要があります。

複数のクレジットカードで入金したら

複数のクレジットカードで入金した場合は、入金に利用した順で出金することとなります。

例えば、ジャパンネット銀行デビットカードにて10万円、スルガ銀行デビットカードにて5万円、りそな銀行デビットカード にて3万円を順番に入金すれば、ジャパンネット銀行デビットカードにて10万円、スルガ銀行デビットカードにて5万円、りそな銀行デビットカード にて3万円の順番どおりに出金となります。

入金から1年以上経過したら

クレジットカード会社側のルールとして、入金から1年以上経過すると返金手続きできなくなるので、その場合は、別の方法を選択することとなります。

クレジットカード失効したら

クレジットカードで入金した後、出金する前にクレジットカード失効となった場合は、そのクレジットカードでの出勤はできませんから、電信送信など別の方法を選択することとなります。

クレジットカード会社への問い合わせ

XMで出金申請をおこない、XMから出金申請受理メールが届いたあと、何か疑問やトラブルが生じた時は、クレジットカード会社に問い合わせることとなります。

出金方法

まず、XM会員ページにログインしたら「資金の出金」をクリックし、「Credit/Debit Cards」を選択します。

次に、出金金額を入力し、注意書きを読みチェックを入れたら、「リクエスト」をクリックして出金手続き完了となります。

XMの出金方法③国際電信送信

電信送金とは、XM提携の海外銀行から振込を受けとる出金方法を指します。

利用できない銀行口座も多い

トラブルを避けるため、XMからの出金を許可していない銀行も多いです。

XMからの出金を許可していない銀行は、新生銀行、みずほ銀行(ネット支店)、ゆうちょ銀行、ジャパンネット銀行、じぶん銀行、セブン銀行です。

出金手数料

20,000円未満を電信送金で出金すると3,000円の出金手数料がかかります。

また、ほかにも、海外銀行から国内銀行への振込する際には出金手数料も必要です。

銀行により手数料はさまざまで、だいたい2,500円〜4,000円。

手数料の安い、ソニー銀行や住信SBIネット銀行では出金手数料2,500円、そのほかの都市銀行では4,000円前後、地銀では6,000円前後の手数料となっています。

ユーザーの7割が電信送信利用

XMユーザーのうち、実に7割が入出金に電信送信を利用しているそうです。

XMでは、入金方法と同じ方法で出金することになるので、入金と出金どちらにも便利な方法を選択することとなります。

10,000円以上の銀行入金なら数百円程度の振込手数料がかかるくらいで、ほぼ手数料をかけずに入金可能。

さらに、銀行の営業時間内なら1時間以内に口座に反映されます。

出金時の手数料は高めですが、XMでは出金時ボーナス消滅してしまうこともあり、度々出金する人は少ないため、出金時の手数料はそれほど気にならないようです。

入金、出金の口座は別々でもOK

入金と出金の方法は統一させねばなりませんが、何も同じ口座である必要はありません。

ただし、もちろん、どちらの口座も本人名義必須です。

2〜5営業日の時間がかかる

電信送金での出金では、XM側の処理に1日程、着金するまでに数日と時間がかかるため、出金申請から自分の口座に反映されるまで、およそ2〜5営業日の時間を見ておく必要があります。

出金を急ぐ方にはおすすめできない方法です。

銀行からの電話に対応せねばならない

銀行にもよるのですが、たとえ出金額が少なくてもXMから着金すると、お金の受け取り理由などを確認するための電話が銀行からかかってきます。

ただし、住信SBIネット銀行だけは電話がかかって来ず、メールの回答フォームにしたがって答えるだけでOKです。

さらに、100万円以上を出金する場合は、それがいくら自己資金でも税務署からも電話がかかってきます。

もちろん、悪いことをしているわけではないので落ち着いて対処すればよいだけですが、手間がかかるのは事実です。

XMの出金方法④STICPAY

※2019年12月現在は取り扱いがありません

STICPAYとはオンライン決済サービスのひとつで、FXやオンラインカジノなどによく利用されます。

クレジットカード入金や銀行振込、ビットコインでの入金、国内銀行出金、海外銀行送金、STICPAYカードでの出勤、海外FX口座やオンラインカジノ口座への送金、オンラインショップでの決済などに対応しています。

また、STICPAYカードを発行すれば、世界の銀行のATM出金、マスターカード加盟店での支払いもできます。

STICPAY側での入出金手数料

XMとSTICPAY間の入出金手数料は無料。

ですが、STICPAYから国内銀行に出金する際には、出金額の1.5%プラス800円の手数料が必要です。

また、国内銀行からSTICPAYへの入金にも入金額の1%の手数料がかかります。

利益も出金可能

STICPAYのメリットは、入金額以上の出金可能なこと。

すなわち、利益も出金できます。

2019年4月以前はbitwalletでも同様に入金額分以上の出金可能で、その頃はSTICPAYより手数料の安いbitwalletに軍配が上がっていました。

ですが、bitwalletで入金額以上の出金不可となった今、STICPAYの利点が目立ってきました。

STICPAYはおすすめの入出金方法

STICPAYはおすすめの入出金方法。

もちろん、STICPAY口座への入出金には手数料が必要ですが、利益分を出金できるのはトレーダーにとってかなり嬉しいポイントです。

電信送金も同じく利益分の出金可能ですが、手数料が4,000円ほどかかります。

20万円以下の出金なら電信送信よりSTICPAYの方が、手数料が安くお得。

ただし、ソニー銀行、住信SBIネット銀行では12万円以上の場合、電信送金の手数料の方が安いです。

同じくi-Accountも利益額の出金可能ですが、i-Accountは入金できませんし、i-Accountから銀行口座への出金に高い手数料が必要。

5〜25ドルプラス海外送金手数料かかり、送金手数料の数字がはっきりしません。

出金方法

まず、会員ページにログイン、「資金の出金」をクリックしたら、「Sticpay Wallet」を選択し、出金額を入力します。

次に、注意書きを読みチェックを入れたら、「リクエスト」をクリック、出金手続き完了です。

XMの出金方法⑤ビットコイン

※2019年12月現在は取り扱いがありません

XMではビットコインでの入金も可能。

ビットコイン入金すればビットコインで出金できます。

ただし、クレジットカードなどほかの方法と同じく、入金額以上の出金はできず、入金額以上は電信送信など別の方法を選択します。

ビットコインウォレットの手数料

ビットコインの入手金ではXMでの手数料は無料ですが、ビットコインウォレット側で、だいたい2%〜5%の手数料が必要です。

保有リスク

ビットコインは相場変動が激しいので、保有にはリスクが付きもの。

普段からビットコインで何かしらしている方はXMでの利用もよいですが、わざわざXMでの取引のためだけに利用するにはかなり注意も必要です。

出金方法

まず、会員ページにログインしたら「資金の出金」をクリックします。

次に、「Bitcoin」を選択し、出金額、ビットコインアドレス、ウォレット名(任意の英数字)を入力、注意書きを読んでチェックを入れて「リクエスト」をクリックします。

ちゃんと処理できていたらメールが届くので、メール認証して出金手続き完了。

なお、もともとビットコイン入金をしていないと、「Bitcoin」ボタンは表示されません。

XMの出金方法⑥i-Account

※2019年12月現在は取り扱いがありません

i-Accountとは国際決済できるオンライン決済サイト。

小規模の海外FXトレーダーがよく利用しています。

利用できなくなる可能性も

i-Accountはこの先利用できなくなる可能性があるため、あまりおすすめできません。

i-Accountでは、無記名のデビットカードを発行して利用するため、国内銀行を介さずATM出金ができてしまいます。

無記名で誰が利用しているのかわからないので、詐欺などの犯罪に利用されることが多く、同じシステムのNETELLERは日本での利用が禁止となっています。

このため、i_Accoutももしかしたら利用不可能になる可能性があります。

高い手数料

XM側では手数料無料のi-Accoutですが、i-Accountの口座から日本の銀行口座に出金する際には、5〜25ドルプラス海外送金手数料が必要です。

ちなみに、i-Accountで発行してもラッタデビットカードにチャージをする時の手数料は、1件3ドルと安いです。

ただし、日本国内での利用不可の可能性も高く、また、デビットカードへの出金はあまりよい方法とはいえません。

出金方法

まず、XMの会員ページにログインし「資金の出金」をクリックしたら、「i-Account」を選択。

i-Account口座と出金額を入力します。

次に、‘注意書きを読みチェックを入れたら、「リクエスト」をクリックし、出金手続き完了です。

XMの出金履歴の確認方法

XMで出金履歴を確認する方法は2つ。

MT4にログインして決済履歴を確認する、もしくは、XM会員ページから確認する方法です。

会員ページから確認する方法では、まずトップページ上部の「会員ログイン」をクリックし、会員ログイン後、画面右側の「マイ・出金」をクリック。

確認したい期間の開始日と終了日を選択し「作成」を押します。

ちなみに、出金履歴を確認していると「保有中」という表示があらわれることがあります。

「保有中」とは、出金申請受付中でXM側での処理が未完了ということです。

XMで出金できない理由

出金申請したのになぜか出金できない、誰しも陥ることがありますし、焦ってしまうでしょう。

ですが、XMは正当な理由なしに出金拒否しない海外FX業者ですから、落ち着いてミスがないかチェックしましょう。

XMで出金できない理由①最低出金額500円に満たない

XMでは最低出金額が500円、電信送金なら10,000円と定められております。

電信送金で10,000円を出金すると、3,000円ほどの手数料が発生しますので少なすぎる額の出金には注意が必要です。

XMで出金できない理由①出金額の入力を間違えいている

入金、出金ともに同じ方法の場合は少ないのですが、複数にまたがった方法で入出金すると出金額を間違えて入力することがあります。

例えば、クレジットカード10万円入金後、電信送金で20万円入金した時、口座には30万円入っていますが、クレジットカードで出金できるのは5万円までになります。

自分がどの方法で、どの順番で、どれだけ入金したのか、きちんと覚えておきましょう。

XMで出金できない理由②出金情報の入力を間違えている

例えば、ビットウォレットでの出金の場合、登録メールアドレスやビットコインアドレスなどを入力せねばならず、間違えて入力すると当然出金できません。

特に、ビットコインのアドレスを間違えた場合は、最悪返ってこないこともありますので、細心の注意を払いましょう。

XMで出金できない理由③ボーナスを出金しようとしている

豊富なボーナスが魅力のXMですが、どのボーナスも出金はできません。

例えば、15万円入金し5万円の入金ボーナスと2万円の20%入金ボーナスをもらい、合計22万円になったとしましょう。

このうち出金できるのは元の自己資金である15万円。

ですが、長期間運営しているうちに、このことを忘れてしまって、17万円出金しようとしても、出金できません。

XMで出金できない理由④ルール違反をしている

XMで定められているルール違反を犯していると、口座凍結や出金拒否にあうことがあります。

例えば、別口座や別業者を使った両建て、知人や家族などグループでの両建て、裁定取引(アービトラージ)、接続遅延やレートエラーを利用した取引、XMポイント悪用取引、フルレバでの経済指標取引、窓埋め狙いの取引などが、XMのルール違反に当たります。

上記のような悪質な取引での利益は出金できません。

XMで出金できない理由⑤ポジションを保有中である

XMではポジション保有時も出金できますが、出金後の証拠金維持率150%以上という条件が課せられています。

証拠金維持率150%以上でないと出金できません。

また、ポジション保有中の出金は可能なものの、証拠金維持率変更によるロスカットが起こりやすいので、ポジション保有中の出金はあまりおすすめできません。

公式サイトの「証拠金維持率」というページを参考に、いくらまで出金できるか確認しましょう。

XMの出金での注意点

注意点①XMで出金キャンセルはできない

XMでは基本的に出金キャンセルはできません。

ただし、出金処理が完了するまでなら、ライブチャットなどで申し出て出金キャンセルできる可能性はあります。

とはいえ、かなり時間が限られたやり方なので、どうしても出金キャンセルしたい場合はできるだけスピーディに執り行いましょう。

注意点②一度出金してしまうとボーナスが消滅する

XMで出金する際は、口座残高に占める出金額割合分のボーナスが消滅してしまうことも頭に入れておきましょう。

例えば、口座残高10万円、ボーナス4万円の時に、残高の50%にあたる5万円出金した場合、ボーナスが50%分2万円消滅してしまいます。

なお、XMのボーナスは、一人当たりに付与されるもので複数口座保持していてもすべてが合算されます。

せっかくのボーナスをむやみに消滅させてしまわないよう、出金の際は細心の注意を払いましょう。

注意点③家族名義や他人名義だと出金できない

XMでは、XMに登録している本人名義の銀行口座などの口座名義人でないと出金できません。

そして、円建て口座の場合、入金、出金ともに円なので為替の影響を受けます。

ですが、ドル建てやユーロ建て口座では、円高方向に調整した為替ルートで出金されるため、やや割高になる傾向です。

XMのスワップポイントの出金

XMではスワップポイントの出金可能。

ただし、ポジション保有中のスワップポイント出金はできません。

ポジションを長期保有しながらスワップポイントを得ている時に、スワップポイントはポジションを決済したタイミングで付与されます。

ですから、ポジションを決済していないのにスワップ分を出金することはできないのです。

XMアフィリエイトパートナー報酬はE-walletに入る

XMアフィリエイトパートナーでの報酬は、E-walletに入ります。

E-walletから出金する手順は、まず、「出金」をクリックし「出金申請」を選択、「XMパートナー管理画面」を開きます。

「E-WalletからMT4取引口座へ移動する」か「その他の出金オプション」で出金先を選択します。

ちなみに、20,000ドルまでのE-walletへの報酬額には20%のボーナスが付くのですが、「その他の出金オプション」を選択した時点で、このボーナスは消滅してしまいます。

もし、自分がXMでFX取引しているなら、「E-WalletからMT4取引口座へ移動する」を選んだ方がボーナスを温存できておすすめです。

ところでXMボーナスもらいました?

XMのボーナスはもらわないと損!②
\今なら口座開設で3,000円もらえる/

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました