XM

【XMのスタンダード口座】XMのスタンダード口座の手数料やスプレッドなどメリットデメリットを徹底解説

XMのスタンダード口座

3タイプの口座があるXM。

スタンダード口座はその一つで、最大レバレッジ888倍、入金ボーナス、XMPロイヤリティプログラム、1ロット通貨量10万通貨と多くのメリットがあります。

XMにはこのスタンダード口座以外にマイクロ口座とゼロ口座がありますが、違いはあるのでしょうか。

では、XMのスタンダード口座について詳しく解説したいと思います。

XMのスタンダード口座はビギナーからプロまで支持する口座

XMの口座選びに迷ったら、スタンダード口座にしておけば間違いないと言われるほど、スタンダード口座はトレーダーから愛されている口座です。

まず、最大888倍というハイレバレッジは大きな魅力。

また、最小取引枚数1,000通貨なので、少額取引を好むトレーダーにもおすすめです。

1,000通貨未満での取引を希望する人以外は、迷わずスタンダード口座を開設すればいいいでしょう。

XMスタンダード口座の基本知識

XMスタンダード口座の最大レバレッジは888倍。

また、入金ボーナスやロイヤリティプログラムの対象です。

ただし、スプレッドがやや広いので、スキャルピング取引をしたい方にはあまりおすすめできません。

スキャルピング取引中心なら、XMのゼロ口座を選択するか、あるいは別のFX業者のECN方式口座を探しましょう。

XMスタンダード口座のメリット

スタンダード口座は3つあるXMの口座タイプのなかで最もおすすめ。

ではおすすめ理由についてみていきたいと思います。

【メリット1】入金ボーナス

XMスタンダード口座は入金ボーナス対象。

最大5万円までの100%入金ボーナスと最大45万円までの20%入金ボーナスの合計最大50万円をもらえます。

とくに100%入金ボーナスは10万円入金すれば10万円もらえるという太っ腹です。

もらった入金ボーナスは取引の証拠金として利用し、そのまま現金として出金することはできません。

とは言え、最大50万円にもなる入金ボーナスは、自己資金の少ない方に勇気を与えるもの。

ボーナスで証拠金を増やして、活発にトレードに参戦できます。

【メリット2】ロイヤリティプログラム

XMスタンダード口座はロイヤリティプログラム対象口座であり、FX取引するごとにXMポイントを貯めることができます。

そして溜まったポイントをボーナスに変換、証拠金として利用できます。

XMポイントでお得にFX取引するなら、迷わずスタンダード口座をチョイスしてください。

【メリット3】取引通貨量が多い

XMスタンダード口座の1ロット通貨量は10万通貨、最大取引単位は500万通貨。

つまり、一度の取引で多くの通貨量を動かせるため、大きな利益を出しやすくなります。

ちなみに、XMマイクロ口座の場合、1ロット1,000通貨、最大取引単位10万通貨とスタンダード口座と比べてかなり少なく、大きな利益を出しづらいでしょう。

一度の取引でだいたい数万円の利益を得たいなら、間違いなくスタンダード口座がおすすめです。

【メリット4】CFD取引可能

XMスタンダード口座はCFD取引可能。

ちなみにCFD取引とは、エネルギーや株価指数、農産物などにレバレッジをかける取引です。

ただし、銘柄ごとに取引時間や必要証拠金、スプレッドの異なるCFD取引は、ビギナーには少し難しい向きもあるので、少しFX取引に慣れてきてから手を出すのがよいのではないでしょうか。

【メリット5】最大レバレッジ888倍

スタンダード口座の最大レバレッジは888倍。

海外FX業者のなかでも高い数字で、必要証拠金が少しでも利益を出せる可能性が高まります。

ただし、口座合計残高200万円以上になるとレバレッジが200倍に制限されるので注意してください。

XMスタンダード口座のデメリット

XMの3つの口座タイプのなかでもバランスがよく一番おすすめのスタンダード口座。

ただし、デメリットも少しはあります。

【デメリット1】スプレッドが少し広い

XMスタンダード口座のスプレッドは、たとえば、アメリカドル円の場合1.8 pipsとやや広めです。

スプレッドが広いほどコストが上がりますし、とくにたくさんの取引回数を重ねるスキャルピング取引には不向きでしょう。

スキャルピング取引を中心にしたいなら、XMスタンダード口座ではなくゼロ口座の方が良いかもしれません。

とは言え、ゼロ口座は取引手数料がかかるのでそれなりにコストがかかりますから、もっと別のFX業者の口座を探した方がよいのではないでしょうか。

スタンダード口座がおすすめの理由

【理由1】マイクロ口座をまかなえる

スタンダード口座とマイクロ口座の違いは最小ロットぐらい。

もちろんスタンダード口座でも少額取引可能ですから、わざわざマイクロ口座を利用する理由があまりありません。

【理由2】ゼロ口座のような手数料不要

ゼロ口座と聞くとなんでも安いように感じがちですが、実はゼロ口座では取引手数料がかかります 。

スタンダード口座はスプレッドこそやや広めですが、取引手数料不要なのでお得です。

【理由3】ゼロ口座よりレバレッジが高い

手数料の違い以上に大きいのがレバレッジの違い。

最大レバレッジ500倍のゼロ口座と比べて、スタンダード口座の最大レバレッジは888倍と高いものです。

また、ゼロ口座では取引できない、小麦などのCFD、日経225やNYダウなども取引することができます。

さらに、ボーナス対象外のゼロ口座と違い、スタンダード口座なら口座開設ボーナスや入金ボーナス、XMPももらえます。

スタンダード口座とマイクロ口座を比べてみると

スタンダード口座とマイクロ口座の違いは取引通貨量。

単純に、スタンダード口座の取引通貨量は多く、マイクロ口座の取引通貨量は少な胃です。

FXで大きな利益を得たいならスタンダード口座、FX取引の練習をしたいならマイクロ口座をチョイスするとよいでしょう。

スタンダード口座とゼロ口座を比べてみると

スタンダード口座とゼロ口座の違いはたくさんあります。

極狭スプレッドだけれどボーナスなどのサービスがないゼロ口座、対してスタンダード口座はスプレッド広めながら、ボーナスをもらえるなど色々なサービスが魅力です。

スプレッドの狭いゼロ口座はスキャルピング取引との相性抜群。

ただし、最大レバレッジ500倍、入金ボーナスやXMP対象外、CFD取引不可能など、色々と制限があります。

デイトレードやスイングトレードをしたいならタンダード口座、スキャルピング取引したいならゼロ口座をチョイスしましょう。

XMでは最大8つ口座開設できる

XMでは一人につき最大8つまで口座開設できますから、もし、スタンダード口座が肌に合わなかった場合には追加で別の口座タイプを作ればよいでしょう。

どの口座タイプがよいか見当がつかないなら、3タイプの口座を作ってみるのもOK。

ちなみに追加口座の開設は、会員ページからおこないます。

ただし、XMでは90日以上何の取引もせず口座を放置していると、休眠口座扱いとなり口座は凍結、ボーナスは消滅してしまうので注意してください。

スタンダード口座でFX取引をはじめましょう

XMのスタンダード口座

3つの口座タイプのあるXMですが、なかでも万人におすすめなのがスタンダード口座です。

なぜなら、最大レバレッジ888倍、1ロット通貨単位が10万通貨、入金ボーナス対象、XMPロイヤリティプログラム対象、CFD取引可能、とサービスが充実していてバランスが取れているからです。

ところでXMボーナスもらいました?

ゆめか
ゆめか

XMのボーナスは絶対もらわないと損するわよ!
①口座開設ボーナス3,000円
②入金ボーナス最大50万円

XMのボーナスはもらわないと損!②
\今なら口座開設で3,000円もらえる/
[su_note note_color=”#d3d3d3″]

当記事はXMTRADING(XM)公式サイトの情報等をもとに、できる限り新しい情報を反映するように作成しております。
ただし、正確な最新情報につきましては必ずXMTRADING(XM)公式サイトまたはサポート窓口に確認するようお願いいたします。[/su_note]