XM

【XMスプレッドの特徴】XMの全通貨ペア57種類のスプレッド一覧表

XMのスプレッドアイキャッチ

FX業者を選ぶ上での優先すべきひとつがスプレッド。

同じタイミングで決済した場合、スプレッドが狭い方がより多くの利益を得られるからです。

国内FX業者の多くが極狭ともいえるスプレッドを提供しているのですが、XMのスプレッドはどれくらいになっているのでしょうか?

そこで今回は、XMのスプレッドを徹底解説!

XMのスプレッドの確認方法と特徴

XMのホーム画面んで取引商品からFX取引を選ぶ

XMスプレッドの見方取引商品からFX取引を選びます
XMのスプレッドの確認方法

「FX取引のスプレッド / 取引条件」通貨ペアごとのスプレッドとスワップを確認します。

XMの通貨ペアは57種類と数多く設定されています。

XMは変動性スプレッドを採用していて、主要通貨のスプレッドに関しては国内FX業者と比べてちょっと広めです。

スプレッドが広いということはトレーダーには不利ということです。

ただ、XMにはスプレッドが広いというデメリットを帳消しにするほどの数多くのメリットがあります。

最小スプレッドはあてにならない

小さい数字に目を引かれがちな最小スプレッドですが、最小スプレッドとは一定期間内で一番小さかった数字であり、一日の中で何時に提供されるかわかりません。

ほんの一瞬だけでも最小スプレッドとされるので、この数字をFX業者のスプレッドとして認識するのは危険。

いつも最小スプレッドで取引できるわけではありません。

中には、業者がスプレッドが狭いように見せようとしている場合もあり、最小スプレッドの数字はあまりあてになりません。

XMの通貨ペア別のスプレッド一覧

スプレッドを見るときに海外FXではpips(ピプス)という単位を使います。

pips(ピプス)とは通貨ペアの最小取引単位をいいます。

ドル/円で言えば1.0pipsは0.01円(1銭)です。

ドル/円での1.0pips

1.0pips=0.01円(1銭)

デイトレで50pips勝った=0.5円勝った ということになります。

XMスタンダード口座での通貨ペア別のスプレッドは次の表のとおりです。

通貨ペア 平均スプレッド 最小スプレッド
ドル/円 1.6pips 1.5pips
ユーロ/円 2.3pips 2.3pips
ポンド/円 3.9pips 3.5pips
豪ドル/円 3.3pips 3.2pips
ユーロ/ドル 1.7pips 1.6pips
ユーロ/ポンド 2.0pips 1.8pips

マイクロ口座のスプレッド

XMのマイクロ口座は、主に少額投資をおこなうトレーダー向けのアカウントタイプで取引手数料無料。

1lotが1,000通貨で、0.01lot単位で発注でき、最低入金額5ドルです。

広めのスプレッドとなりますが、レバレッジは最大888倍なので、大きな利益も夢ではありません。

なお、マイクロ口座は追証無しのゼロカットシステムに対応。

はじめから多額の自己資金を投じるのではなく、まずマイクロ口座でXMでのFX取引を経験してみるのもよいでしょう。

ゼロ口座の平均スプレッド

ゼロ口座の平均スプレッドは、0.10pips、ユーロ円0.60pips。

手数料を足すと、米ドル円1.10pips、ユーロ円1.60pipsとなります。

なお、XMではECN形式と呼ばれるスプレッド特化型のゼロスプレッド口座も選択できます。

ECN方式とは手数料をスプレッドに上乗せしない仕組みで、手数料は別途支払います。

ゼロ口座を使わない時は、米ドル円平均1.80pipsのスプレッドが適用となり、0.70pipsが浮いてきます。

通常の口座と比べXMのゼロ口座はスプレッドが狭いのでコストを下げ利益を上げることができるでしょう。

XMのゼロ口座はスプレッドが狭い

XMのゼロ口座は狭いスプレッドで取引したいスキャルピング向けの口座で、最小スプレッドは驚異の0.0pipsです。

極狭スプレッドが魅力的なゼロ口座ですが、1ロットにつき往復10ドルの手数料が必要です。

取引手数料無料というFX業者が多いなか、手数料が有料というのはちょっとためらいがあるかもしれません。

取引ロットが大きくて売り買いが多いトレーダーは、トータルで考えるとたとえ手数料を支払ってもゼロ口座を利用した方が、メリットが高いといえるでしょう。

ゼロ口座での最大レバレッジは500倍

通常口座の888倍よりは低いものの、十分なほどのハイレバレッジを楽しめます。

XMを他の海外FX業者と比較

【XMスプレッドの特徴】XMの全通貨ペア57種類のスプレッド一覧表国内FX業者と比べて海外FX業者XMのスプレッドは、決して狭いとはいえず、どちらかというと、FX業者全体のなかでもスプレッドが広い業者に分類されます。

米ドル円やユーロドルなど、スプレッドが狭い傾向にある通貨ペアを見ても、XMのスプレッドは広めで、短期取引に向くとはいえません。

スプレッドが広めのFX業者では、含み益がある程度増えるまで待たねばならず、値動きを予想できるスキルを持っていないと、安定収入が難しいかもしれません。

スプレッド以外のサービスはハイレベル

【XMスプレッドの特徴】XMの全通貨ペア57種類のスプレッド一覧表XMはスプレッドの広さこそデメリットではありますが、他のサービスはかなりハイレベルで、デメリットを補えるだけのメリットがあるでしょう。

例えば、XMのボーナスは新規口座開設ボーナス3,000円のや100%入金ボーナスがあります。

入金ボーナスは、500ドルまでの入金だと入金額の100%、そして500ドルから5,000ドルの入金だと入金額の20%のボーナスをもらえるもので、少ない自己資金でも利益を得られる可能性が高くなります。

そして、XMの最大レバレッジはなんと888倍。国内FXでは最大25倍ですから比べ物にならないほど。

しかも、国内FXでは将来10倍までに制限しようという動きもあり、ハイレバレッジ取引可能なXMは大変魅力的な業者といえるでしょう。

【XMスプレッドの特徴】XMの全通貨ペア57種類のスプレッド一覧表まとめ

XMのスプレッドアイキャッチ海外FX業者のひとつであるXMは、スプレッドが広いのでスキャルピング取引には向かない業者といえるでしょう。

ただし、XMでは最小0.0pipsの低スプレッドとなるゼロ口座もあり、これを選べばスプレッドの広さというデメリットを解消できます。

国内FX業者とは比べものにならない破格のハイレバレッジは大変魅力。

またリッチなボーナスも実施しており、自己資金が少なくともリスクなしでFX取引できます。

XMは日本語サポートも充実した海外FX業者なので、海外FX初心者も安心してはじめることができるでしょう。

ところでXMボーナスもらいました?

ゆめか
ゆめか

XMのボーナスは絶対もらわないと損するわよ!
①口座開設ボーナス3,000円
②入金ボーナス最大50万円

XMのボーナスはもらわないと損!②
\今なら口座開設で3,000円もらえる/
[su_note note_color=”#d3d3d3″]

当記事はXMTRADING(XM)公式サイトの情報等をもとに、できる限り新しい情報を反映するように作成しております。
ただし、正確な最新情報につきましては必ずXMTRADING(XM)公式サイトまたはサポート窓口に確認するようお願いいたします。[/su_note]