海外FXボーナス

海外FXボーナスに税金はかかるの!?節税テクニックと注意点について徹底解説

海外FXボーナスに税金はかかるの!?節税テクニックと注意点について徹底解説

海外FXの魅力といえば何といってもリッチなボーナス、そしてハイレバレッジではないでしょうか。

ボーナスを利用してハイレバレッジ取引をすれば、少しの自己資金でも大きな利益を狙うことが可能で、海外FXをはじめてすぐに1,000万円を稼ぐトレーダーもいるそうです。

そこで、ふと疑問に思うのがボーナスの税金のこと

ボーナスを100万円受け取ったときの課税額はどうなるのでしょうか?

そこで今回は、海外FX取引でのボーナスに関する税金、ボーナスの節税方法について解説します。

海外FXの税金の基本知識【納税方法・課税対象】

海外FXのボーナスと税金について考える前に、まずは海外FX全般的な税金のことを知っておくことが先決です。

納税方法など海外FXの税金に関する基礎知識を具体的に説明します。

海外FXの税金の課税対象者

海外FX取引による利益で税金を納める必要のある方はこちらになります。

海外FXの課税対象者
  • 年間所得20万円以上の給与所得者
  • 年間所得38万円以上の給与所得者以外

年間所得は年間利益から年間経費を引いたもので、年間利益100万円としても、年間経費85万円なら年間所得は15万円となり、課税対象ではありません。

海外FXの税金で経費になる対象

そして、年間経費にはFX取引に関連する費用を計上することができ、FX取引に使っている分を按分して経費とします。

FX取引で使用したもの
  • パソコン、モニター、スマホ、タブレット
  • デスク、椅子
  • セミナー代、書籍代、有料EA
  • 家賃、光熱費、通信費用

例えば、自宅でFX取引をおこなっていて、年間120万円の家賃、光熱費、通信費用がかかっているとします。

そのうち、6分の1の専用スペースでFX取引していれば、年間20万円がFXの経費というわけです。

海外FXの税金の納税方法

海外FXの利益にかかる税金は、所得税、県民・市民税です。

また、税金とは違いますが健康保険料の支払い金額も収入により変わります。

そして、これら所得税、県民市民税、健康保険料の金額を決定するべくおこなうのが、「確定申告」です。

1月1日〜12月31日の所得を、翌2月中頃から3月15日までに計算した上で税務署に申告、決定した税金を4月以降に納税する流れです。

海外FXの5つの節税テクニック税金の計算方法
【海外FXの税金対策】脱税はバレないは嘘!海外FXの節税テクニックと税金の計算方法海外FXのメリットはハイレバレッジを利用して利益を得やすいこと。 ただし、利益を得た後には必ず税金を払わなければなりませんので、事...

海外FXでもらったボーナスは税金が課税されるのか

豪華なボーナスをもらえる海外FX。

口座開設時に20,000円ボーナス、初回入金時に入金額と同額のボーナスなど、ボーナスだけで数十万を受け取ることができます。

では、ボーナスは利益として確定申告せねばならないのでしょうか。

答えは「いいえ」。ボーナスは利益として考える必要はありませんので確定申告する必要がありません

そもそも海外FXでもらうボーナスは、現金として出金できずその口座でしか利用できませんから、現金をもらったように課税対象となるのはおかしいのです。

それ自体が換金性がない、ショップでしか使えないポイントと同じ理屈で、課税されないのがボーナスは海外FXの大きな魅力です。

ボーナスと損失は損益通算できない

国内FXと海外FXでは損益合算できませんが、海外FX口座同士ならもちろん損益合算可能。

ただし、この損益合算にボーナスを利用することは制限があるので注意してください。

例えば、海外FX業者に10万円を入金し100%入金ボーナス10万円を受け取り、口座に20万円の証拠金があるとしましょう。

FX取引の結果、負けて全額失うと口座内では20万円の損失です。

ただし、トレーダーが最初に入金したのは10万円なので、会計上の実際の損失は10万円です。

これを失ったボーナスとあわせて20万円の損失として申告するのは違法です。

例えば、海外FX業者に10万円を入金し100%入金ボーナス10万円を受け取り、口座には20万円の証拠金があるとします。

その後に取引に失敗し口座が20万円が0円になったとした場合の処理はこちらになります。

  • 正しい処理 ⇒ 損失は10万円(入金額10万円)
  • 誤った処理 ⇒ 損失は20万円(入金額10万円+ボーナス10万円)

ボーナスで節税する際に注意するべき点

海外FXのボーナスを利用して節税するコツは、一気に入金せず少しずつ少額を入金すること。

海外FXではもらったボーナスより自分が入金したお金が先に減るので、損益通算するなら損失を出した口座の残高がゼロに近いほど節税できます。

例えば、10万円を口座に入金、10万円のボーナスを受け取り、合計20万円分の資金を口座に持っているときに20万円負ければ、ボーナスより先に入金したお金が減ります。

つまり、ボーナスを損失に補填するには入金額より多い損失が必要で、大きな額を入金してしまうとボーナスを損失補填にあてられず節税できません。

ボーナスを利用して節税するなら、一気に入金せず少しずつ少額を入金するようにしてください。

ボーナスを悪用したときに課せられるペナルティ

海外FX業者がボーナスを支給する目的は、少ない自己資金のユーザーにも広くチャンスを与えトレーダーの取引をより活発化させることです。

トレーダーのことを考えてのボーナスなのでかかる費用は業者持ちであり、そのボーナスを悪用されるのはたまったものではありません。

ですから、ボーナスを悪用したユーザーには出金拒否や口座凍結といった厳しいペナルティが課せられます。

もちろん、ボーナスを利用した節税はペナルティを受けませんが、両建てとゼロカットを悪用した手法などはペナルティ対象です。

ここで注意すべきが、ボーナスを利用した節税方法として海外FX業者の複数口座を使う場合。

この際に両建てにならないよう注意せねばなりません。

ボーナスを利用して節税したかっただけなのに、結果としてボーナスの悪質な利用方法と取られペナルティを受けないよう細心の注意を払いましょう。

【ボーナスの出金拒否】海外FXボーナスを悪用して出金拒否される事例と対処法
海外FXボーナスを悪用して出金拒否や口座凍結される事例と対処法海外FX業者では利益を出金できないといった評判があるため、海外FX業者を避けて安心できる国内FX業者を選ぶ方も多いようです。 しか...

海外FXと国内FXの税金の違い

国内FXで確定申告をおこなって納税したよという方も、国内と海外では税金の制度が違うので海外FXで取引したら新しく知識を得る必要があります。

国内FXと海外FXでは、税制区分が異なり、国内FXでは税率一律の20.315%の申告分離課税、そして海外FXでは所得に応じて税率変動の累進課税が敷かれています。

すなわち、海外FXでは利益を得るほどに税率が上がり、年間330万円までの所得なら国内FXより税金が安くなる計算です。

また、国内FXと海外FXでは税制区分が違うので損益通算することはできません

例えば、国内FXと海外FXの口座を持っていて、国内FXで100万円利益を得たものの海外FXで100万円損失を出したとします。

損益通算できれば所得をゼロとできるのですが、それは不可能なので国内FXでの利益100万に対しての税金を支払わねばなりません。

海外FXボーナスに税金はかかるの!?節税テクニックと注意点について徹底解説まとめ

ボーナスを利用した海外FXの節税方法は少額トレーダーにおすすめの手法で、1,000万円以上の所得を稼ぎ出すトレーダーには向いていません。

誰にでも可能な節税対策としては、必要経費の計上と控除制度の活用が挙げられ、ボーナス以外の観点から節税を考えるのが得策です。

また、ボーナスを利用した節税方法を実施する際は、くれぐれも海外FX業者の規約違反にならないように気をつけてください。

ボーナスの確定申告海外FXボーナスは所得になる?
海外FXボーナスは確定申告で所得になる?損失として計上できる?海外FX業者では、口座開設ボーナスや入金ボーナス、あるいは損失補填ボーナスなど、バラエティに富んだボーナスが実施されています。 中...
海外FXの5つの節税テクニック税金の計算方法
【海外FXの税金対策】脱税はバレないは嘘!海外FXの節税テクニックと税金の計算方法海外FXのメリットはハイレバレッジを利用して利益を得やすいこと。 ただし、利益を得た後には必ず税金を払わなければなりませんので、事...

ボーナスで損しないために

海外FX始めた人
海外FX始めた人
俺もやっと海外FX始めたよ!
海外FXトレーダー
海外FXトレーダー
口座開設したとき20,000円ボーナスもらった?
海外FX始めた人
海外FX始めた人
(えっなんだよボーナスって…そんなのもらってないよ…)
GEMFOREXは新規口座開設するだけで20,000円ボーナスがもらえます。
\今なら口座開設で20,000円もらえる/