今すぐ20,000円ボーナスをもらおう!

【海外FXボーナスの両建て】ボーナスアービトラージ手法はバレる!?違法でペナルティになるのか

ボーナスの両建てはペナルティ? 海外FXボーナス

海外FXボーナスを悪用して、両建てで利益を得ようとするトレーダーもいるのが事実。

そのため海外FX業者の多くが、ボーナスの両建てを禁止しています。

ボーナスマスター
ボーナスマスター
そしてボーナスを悪用した手法は、発覚すると出金拒否や口座凍結など厳しいペナルティの対象となります。

そこで今回は、ボーナスを使った両建てについて、両建てによるペナルティの内容について詳しく解説します。

海外FXボーナスの両建てを利用したボーナスアービトラージとは

両建てとは一つの口座で1種類の通貨の売りポジションと買いポジションを同時に持つことです。

両建てすると当然ながら、レートがいくら変動しようが損益ゼロ円です。

例えば、買いポジションが+1万円の場合は売りポジションがマイナス1万円となり、損益はゼロ円。

その両建てを使いボーナスを利用して利益を得る手法のことをボーナスアービトラージと言います。

  • ボーナスアービトラージ ⇒ ボーナスを利用した両建て
  • スワップアービトラージ ⇒ スワップを利用した両建て

アービトラージは、同一業者で複数の口座を作る方法と、複数業者で口座を作る方法があります。

関連記事|GEMFOREXのスワップアービトラージ

ボーナスを利用して両建てする手法を、海外FX業者AとBで説明します。

  • 100%入金ボーナスのA社とB社に100万円ずつ入金
  • ボーナス付与でA社とB社の残高が200万円ずつになる
  • A社は買い、B社は売りで同じロット数を建てる

両建てしているので、レートが変動しても損益はゼロ円のままです。

相場が200万円分下落した場合

  • Aの口座残高 ⇒ 200万-200万=0万円
  • Bの口座残高 ⇒ 200万+200万=400万円
自己資金 ボーナス 利益損失
海外FX業者A 100万 100万 -200万
海外FX業者B 100万 100万 +200万

入金ボーナスは出金できませんが、それでもB社からは現金として200万円が出金可能なので最初の自己資金100万円より100万円増えていることがわかります。

海外FXボーナスを使った両建ては禁止されている

両建て禁止

入金ボーナスは1業社につき1度のみ受け取れるものなので、両建てするためには複数業社にまたがって両建てする必要があります。

ですが、多くの海外FX業者では、業者をまたがった両建てを禁止にしています。

口座を複数業社にまたがれば発覚しないのではと考えるトレーダーもいますが、業者間の両建てはほとんど発覚します。

というのも、海外FXの多くがMT4やMT5といった同じシステムを使っているので、IPアドレスさえ特定されれば、すぐに両建てを追求できるのです。

また、MT4・MT5を利用していない海外FX業者でも両建てが発覚するのは、海外FX業者同士が問題のあるトレーダーの情報を共有しているものと考えられます。

中にはIPアドレスで追求されないように、ネットカフェやプリペイド携帯などから取引する強者もいるようです。

しかし、入金ボーナスと両建てを絡めて利益を得られるのは、入金ボーナスをもらえる1度きり

多くて数十万程度の利益にしかなりませんから、そこまで手間をかけるほど美味しい手法ではありません。

海外FXボーナスを悪用した両建てが発覚すると受けるペナルティ

両建てを禁止事項にしている海外FX業者でボーナスの両建てをすると、当然ペナルティを受けます。

各海外FX業者によりペナルティ内容はさまざまですが、出金拒否や口座凍結など厳しい措置が待っていることがほとんどです。

出金拒否や口座凍結になった場合、サポートセンターに問い合わせてなんとかお金を戻してもらえることもありますが、悪質な手法を使っているとお金は戻ってきません

そもそも、入金ボーナスなどのリッチなボーナスを負担しているのは海外FX業者。

トレーダーによりFX取引の機会を設けて楽しんでもらいたいと考え実施しているのです。

ユーザーがそんなボーナスを悪用して両建てすると、海外FX業者は不本意な損失を抱えることとなりますから、かなり厳しい措置で対処します

海外FXボーナスの両建てが許されているケース

両建てとは、1つの通貨で買いポジションと売りポジションを持つことですが、実は、通貨の相関性を考えて疑似的な両建てをすることも可能です。

相関性のある通貨とは、

  • 米ドル円の価格が上がったからユーロドルの価格は下がる
  • ユーロ円の価格が上がったからポンド円の価格も上がる

という風に通貨の値動きに関係性があるものです。

疑似的な両建てをおこなうには、負相関の通貨ペアを選ばねばなりません

  • 上がれば上がる関係性を正相関
  • 上がれば下がる関係性を負相関

この相関性を利用しての両建ては、今のところグレーゾーンであり、ボーナスを利用した両建ても可能です。

ただし、中には相関性を利用した両建ても禁止としている海外FX業者もありますから、取引する前にきちんと各海外FX業者の規約や禁止事項を把握しておきましょう。

国外のFX業者では両建てアービトラージが厳しく監視禁されている

なぜ国外のFX業者が「両建てアービトラージ」に厳しいのでしょうか。

実は、国外のFX業者の多くは、マーケットメーカービジネスモデルを採用しており、顧客の利益=ブローカーの損失となるからです。

ユーザーからすると簡単に利益を得やすい両建てアービトラージですが、逆に業者にとってはとても不公平な損失です。

そのため、国外FX業者のディーラーは「両建てアービトラージ」を常に監視しており、FX両建てアービトラージで得た利益は出金拒否にあう可能性が高いのです。

同一業者の両建てが可能なのはGEMFOREX

【2019年10月】海外FXボーナス比較ランキングTOP10!入金&口座開設ボーナス実施のおすすめ海外FX業者

ボーナスアービトラージは、両建てが基本であるため、はじめから「業者間の両建て禁止」としている業者がほとんどです。

ただし、両建てイコールすべてが悪というわけではなく、同一業者内の口座で両建てするのならよいとしている業者も存在します。

海外FX業者大手のGEMFOREXなら、同一口座内の両建て、さらにはアービトラージもOKというスタンスです。

なんとも太っ腹のGEMFOREXではありますが、ゼロカットを悪用した両建てのボーナスアービトラージは規約違反であり、また、ボーナスは出金できません。

また考えてみると、もしもボーナスアービトラージに成功したとしても手元に入る利益はそう多いものではありません。

そもそも、ボーナスの受け取りは一人一度限りで同じ手法で何度も利益を得ることはできません。

両建て自体はFXのひとつの手法でありもちろん禁止ではありませんが、ボーナスを悪用した両建てが禁止行為なのです。

【海外FXボーナスの両建て】ボーナスアービトラージ手法はバレる!?違法でペナルティになるのかまとめ

これまでボーナスを悪用した両建ては禁止と伝えてきましたが、すべての両建てが禁止事項というわけではありません。

他業者をまたがっての両建てを禁止としている海外FX業者も、同一口座内での両建ては問題ないとしていることが多いです。

ボーナスを利用した同一口座の両建てでは利益を稼ぎ出すことはできないので、スワップを狙った両建てがよいでしょう。

例えば、GEMFOREXならスワップの両建てOKなのでおすすめです。

ただし、両建てで利益を稼ぎ出すのは割と難しい手法で、初心者というよりは中級者以上のトレーダーに向いているでしょう。

いずれにせよ、せっかくのボーナスは決して悪用せず、純粋に初期資金の足しになると考えて使うことが大切です。

【関連記事】

⇒ 海外FXボーナスのペナルティの事例と対処法

コメント

タイトルとURLをコピーしました